パワーボールのおすすめはこれ!

おすすめのパワーボールはこれ!

 

私のおすすめのパワーボールは、『NSD パワーボール 280HZ AUTOSTART PRO(オートスタート プロ)』です。

 

初めて購入したパワーボールであり、購入してからずっと愛用しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

ずっと使っていますが壊れていないですし、変な音がするようになったり、といったこともありません。

 

パワーボールにもいろいろと種類がありますが、しっかりと使っていきたいのであれば『NSD パワーボール 280HZ AUTOSTART PRO(オートスタート プロ)』がおすすめです。

 

本物のパワーボールと類似品

 

実は、パワーボールという名称は『RPM Sports』の登録商標(第5519135号 )なんです。なので、『RPM Sports』のものではない商品は、パワーボールという名称ではありません。

 

ただ、類似しているものもパワーボールとひとくくりにされているのが現状です。小さい容器に入った乳酸飲料を総称して「ヤクルト」と呼ぶ、みたいなイメージですね。

 

ちなみに、上でおすすめとして紹介している『NSD パワーボール 280HZ AUTOSTART PRO(オートスタート プロ)』は、『RPM Sports』のものです。つまり、本物のパワーボール、なんですよ。

 

本家のパワーボールがおすすめ

 

本家のパワーボールは他の商品に比べ、やや高いです。なので、遊びで1-2回程度使ってみたいだけであれば、類似品でもかまいません。

 

ですが、トレーニングとして本格的に使っていきたいのであれば、本家のものを強くおすすめします。

 

というのも、本家のものは質にこだわって作られている(類似品でもこだわっているものはあるかもしれませんが)ので、変な振動などでトレーニングに集中できないといったことはありません。

 

また、回転もスムーズですし、変な音がする、といったこともないんです(ずっと使っている実感から)。

 

プラス、見逃せないのがサポート体制です。『RPM Sports』のパワーボールには1年保証がついています。

 

そもそも『RPM Sports』のパワーボールの故障する確率は0.01%以下なのですが、さらにこういった保証がついているわけですから、まさに「鬼に金棒」といったところでしょうか。

 

状況に応じて、メンテナンス、または新品と交換してもらうことができます。

 

⇒ 『RPM Sports』のパワーボール一覧はこちら

 

なぜ『NSD パワーボール 280HZ AUTOSTART PRO(オートスタート プロ)』がおすすめなのか

 

パワーボールには本家と類似品があると言うことをご紹介しましたが、『RPM Sports』のパワーボールにもいろいろと種類があるんです。

 

その中で私がおすすめしているのが『NSD パワーボール 280HZ AUTOSTART PRO(オートスタート プロ)』な訳ですが、なぜこれがおすすめなのか?についてご紹介します。

 

パワーボールの分類

 

パワーボールは、負荷の高さ(+最大回転数)と、その他の機能で分類することができます。

 

まず負荷の高さですが、主に「250HZシリーズ」と「280HZシリーズ」があり、詳細は下記の通りです。

 

250HZシリーズ:最大回転数:15,000rpm 最大負荷:14kg

 

280HZシリーズ:最大回転数:18,000rpm 最大負荷:16kg

 

初めは「250HZシリーズ」でもいいですが、トレーニングを積むにつれて物足りなくなってくるので、それを見越して負荷が高い「280HZシリーズ」を選んでおいた方が無難でしょう。

 

また、パワーボールの機能には、主に下記3点の違いがあります。

 

  • 回転数の表示(カウンター)
  •  

  • LED発光
  •  

  • スタートの方法

 

回転数の表示(カウンター)ですが、これは、どれくらいパワーボールを回転させられたのかを知るためのものです。

 

現在どれくらいの回転数なのかや、最高回転数、ある一定の時間でどれだけ回せたのか、といったデータを知ることができます。

 

また、LED発光についてはそのままで、発光するかどうかです。回転させている間、発光する機能がついているものとついていないものがあります。

 

最後にスタートの方法ですが、紐を使ってスタートさせるタイプと、指で中の球体をぐるぐる巻いて(チョロQのようなもの)スタートさせるタイプがあります。

 

後はデザインによる違いですが、パワーボールは基本的に負荷の高さ(+最大回転数)と、上で紹介した3点の組み合わせでバリエーションが作られているんです。

 

コストパフォーマンスが良い

 

ここまでパワーボールの種類についてご紹介しましたが、結論から言うと『NSD パワーボール 280HZ AUTOSTART PRO(オートスタート プロ)』のコストパフォーマンスが優れています。

 

負荷が高いモデルなので、トレーニングを続けて腕力がついてきてもすぐに物足りなくなることはないので、長く使い続けることが可能です。

 

また、このモデルの機能は下記の通りとなっています。

 

  • 回転数の表示(カウンター)がついている
  •  

  • LED発光機能は搭載されていない
  •  

  • オートスタート機能

 

トレーニングするに当たり数値化することでどれくらいのトレーニング効果が得られているのかわかりやすく、また、オートスタート機能なので始めるまでの面倒がなく、挫折しにくくなります。

 

一方、LED発光機能はトレーニングと関係ない部分なのでこの機能がついていないものを選ぶことで、やや価格を抑えることができるんですね。

 

以上の点から、トレーニングを快適に続けるとともに、費用を少しでも抑えるという点で『NSD パワーボール 280HZ AUTOSTART PRO(オートスタート プロ)』が最適という結論になります。

 

なお、このモデルは普通の成人男性におすすめできるもので、「既にある程度ムキムキ・腕力に自信がある人」や、「女性や子供、腕力に自信が無い人」にはおすすめできません。

 

それぞれの人におすすめのものは下記の通りなので、そちらを参考にして下さい。

 

既にある程度ムキムキ・腕力に自信があるなら

 

高負荷なモデルとしては『NSD パワーボール 350HZ METAL PRO DIABLO(メタル プロ ディアブロ)』と『NSD パワーボール TITAN AUTOSTART PRO(タイタン オートスタート プロ)メタルモデル』があります。

 

ただ、1ヶ月以上ウォッチしているんですけど、『NSD パワーボール 350HZ METAL PRO DIABLO(メタル プロ ディアブロ)』はずっと売り切れになっているんですよね。

 

最近入荷されたらしく、今は購入できるようになっています。もしこれが気になる、ほしいのであれば早めに購入した方が良いでしょう。

 

なので、実質的に『NSD パワーボール TITAN AUTOSTART PRO(タイタン オートスタート プロ)メタルモデルメタルモデル』のみ、と言って良いでしょう。

 

重量は500gあり、最大回転数は18,000rpmで、最大39.6Kg相当の負荷をかけることができるかなり高負荷の一品です。

 

女性や子供、腕力に自信が無いなら

 

低負荷のモデルとしては『PICO FOR KIDS(ピコ)』があります。

 

このモデルは重さ190gで、大きさも他のモデルに比べ60%〜70%の大きさになっているため握りやすく、適度なトレーニングが可能です。